静的型付け言語と動的型付け言語とは

静的型付け言語 と動的型付け言語 ( Dynamically typed language )という言葉と初めて聞きました。

静的型付け言語と動的型付け言語とは

静的型付け言語 と動的型付けは変数、定数を宣言するときに値のデータ型(文字、数値など)を指定するかどうかの違いがあります。

静的型付け言語 と動的型付け言語二つの違いを詳しくみていきます。

静的型付け言語

静的型付け言語は英語だとStatically typed languageといい以下のように変数の型を指定します。

int num = 1;

JavaやC言語などが上記のように変数の型は数値(int)ですと指定しています。
このように型を指定して変数を定義するのが静的型付けといい、その言語のことを静的型付け言語と呼びます。

動的型付け言語

例えばpythonなどのモダン言語は動的型付け言語が多いです。

num = 1

型を指定しなくて良いため型を勉強する時間も省略されるし、考えずに変数を定義できるのがいいですね。

おわり

なるほどね、何にでも名前があるものですね。
仕事を変えると覚えることや触れるものもかわるので、成長できてたのしいですね。