charAt()メソッドとは?Java初心者の勉強

2020-09-24

charAt()メソッドについてまとめます。

charAt()とは?

charAtはStringクラスのメソッドで文字列の中から1文字抜きだし受けとることができるメソッドです。引数には受け取りたい文字の位置情報を示す数値を指定します。

文字の位置とは

文字の位置は先頭の文字を0として数えます。

文字位置数値イメージ

構文

文字列.charAt(数値)

charAt() サンプルコード

文字を抜きだす

シンプルな例です。

String str = "Programmer Life";
char ch = str.charAt(3);
System.out.println(ch); //g

戻り値はchar型になります。

最後の文字を抜き出す

最後の文字を抜き出すには文字列の長さを取得するlength()を使うと簡単です。最後の1文字は「length() -1」で取得できます。

String str = "Programmer Life";
System.out.println(str.charAt(str.length() -1)); //e

範囲外の数値を指定した場合

マイナスの値や、文字列の長さ以上の値を引数にすると、実行時に例外のStringIndexOutOfBoundsExceptionがスローされます。

String str = "Programmer Life";
System.out.println(str.charAt(15));//例外が発生

結果

java.lang.StringIndexOutOfBoundsException: String index out of range: 15

おわり

文字の位置は0から始まりなことをついつい忘れてしまいます。

1文字ではなく文字列を取り出したいこともあると思います。
文字列から文字列を取り出したい場合はStringBuilder()やsubstring()を使用します。

Java

Posted by Nakamoto