AfterEffectで平面レイヤーへのグラデーションのかけかた

2020-10-04

gradation_1

AfterEffectでグラデーションをかける事なんてエフェクトを使えばすぐにできるだろうと思っていたのに、思いとは裏腹にすんなりできなかったので同じ過ちをしている人のために備忘録を残そうと思います。

序盤は主に私の苦悩なので早くグラデーションしたい方は飛ばし読みしちゃって下さい。
※使用しているバージョンはAfterEffect CS6です。

グラデーション 苦悩編

さて、なぜすんなりできなかったのかと言えばエフェクトにグラデーションがあると思っていたのに、グラデーションというキーワードでエフェクト検索をしたら4色グラデーションしかなかったためです。

gradation_2

いやいや私がやりたいのは2色のグラデーションだし!と思いつつも私が知らないだけでできるのかしらとチャレンジしてみると2色にはならず。案の定、他を当たってみることになりました。
4色のグラデーションをかけたかった方はエフェクトから、「描画→4色グラデーション」をお使いくださいませ。

当ても無くレイヤースタイルのグラデーションオーバーレイかなと思って試みるもそれっぽい設定はあるのに描画が反映されずできない。

レイヤースタイルってこんなに使えなかったっけと別の疑問を抱きつつもやりたい事はAdobe様なら余裕なはずの2色のグラデーションです。

グラデーション 解決編

少し冷静になってきっとグラデーションは描画エフェクトにあるに違いないと思い1つずつあたっていくと、ようやく発見しました!

gradation_3

エフェクトのカラーカーブを使えば良かったようです。

gradation_4

色だって着けるのも簡単。わかってしまえばすぐにグラデーションをかける事ができました。

おわり

無知だったために1時間ほど時間をロスしてしまいました。
グラデーションって名前じゃダメだったんでしょうかね。カラーカーブ。。。

いや私の勉強不足のせいですね。
また一つ勉強になりました。