as句でカラムに別名をつけてみよう!SQL超初心者の勉強

SELECT文で取得した列名に任意の名前(エイリアス)に置き換えて表示することができるAS句について説明したいと思います。

動作環境

SQL FIDDLEでMySQL5.6、PostgreSQL9.6、SQLiteで動作確認しています。

AS句とは

AS句は別名をつける時に使用されます。カラムだけでなくテーブル名にも別名をつけることができます。
※AS句は省略されていることもあります。テーブルのASは省略して使われているのを見たことがありますが、カラムはas省略可能ですが省略することは少ないと先輩がいってました。会社によるのかもしれません)

構文

SELECT文の例。

SELECT
カラム as 別名
FROM
item as 別名

準備

以下のテーブルがあるとします。

ItemIDItemNameQuantity
1コーラ30

テーブル作成用コードです。

-- CREATE文
CREATE TABLE item (
ItemID numeric(8, 0) unique not null,
ItemName character varying (20) not null,
Quantity numeric (8, 0) not null,
primary key(ItemID)
);
-- INSERT文
insert into item
values(0001, 'コーラ', 30);

AS句で別名を指定してみよう!

実際にAS句を使ってみましょう。

ItemNameのカラムの名前を商品名、Quantityのカラムの名前を個数という別名をつけて表示してみます。ついでにテーブル名「item」の別名を i にas句を省略して書いています。

SELECT
ItemID,
ItemName as 商品名,
Quantity as 個数
FROM
item i

■ 結果

ItemID商品名個数
1コーラ30

カラムのヘッダーの名前が変わったことが確認できます。

他にもcount()の結果を表示する際にas句で別名を指定したり、何かと便利です。