Javaデータ型の値の範囲(プリミティブ型) | 超初心者のJavaの勉強

2019-08-23

データ型にはプリミティブ型(基本データ型)と参照型(クラス型)の2種類があります。
整数、浮動小数、真偽値(論理型)、文字の4つを扱うのがプリミティブ型です。
参照型にはオブジェクト型、列挙型、配列型があります。

プリミティブ型と参照型の違いは値そののを扱うのか、インスタンスへの参照(リンク)を扱うのかという点です。
参照型は変数の中にデータがある場所を指す物(参照)が入っている感じです。

のを扱うのか、インスタンスへの参照(リンク)を扱うのかという点です。
参照型は変数の中にデータがある場所を指す物(参照)が入っている感じです。

今回はプリミティブ型の値の範囲について勉強しました。

デフォルト値については下記記事を読んでみてください。

プリミティブ型の値の範囲

プリミティブ型(Primitive Data Types)は以下の8種類です。

分類データ型保持できる値
整数型byte8 bit 整数 (符号付数値表現)
-128 ~ 127
整数型short16 bit 整数 (符号付数値表現)
-32,768 ~ 32,767
整数型int32 bit 整数 (符号付数値表現)
-2,147,483,648 ~ 2,147,483,647
※SE8から符号なしも可
整数型long64 bit 整数 (符号付数値表現)
-9,223,372,036,854,775,808 ~
9,223,372,036,854,775,807
※SE8から符号なしも可
浮動小数点数型float32 bit符号付き浮動小数点数
±3.40282347E+38 ~ ±1.40239846E-45
※E38 は 10 の 38 乗、E-45 は 10 の -45 乗を表します。
浮動小数点数型double64 bit符号付き浮動小数点数
±1.79769313486231570E+308~±4.94065645841246544E-324
※e+308 は 10 の 308 乗、E-324 は 10 の -324 乗を表します。
文字型char16 bit Unicode文字
\0000 ~ \uffff (0 ~ 65535)
真偽値booleantrue (真)、false (偽)

よく使うものも多く覚えやすいのではないでしょうか。
基本的なことのようなのでJavaブロンズやシルバーなどの認定試験を受験する場合は覚えてしまった方が良いです。

※intとlongはSE8から符号なしも使えるようですが、初心者にはよくわからないので、興味のある方は下記を参照してください。本家よりわかりやすいと思います。
参考:Java SE 8 最新バージョンでの数値処理/エンジニア

※浮動小数点数型について初心者が調べると1日かけても理解できなかったので、とりあえずfloatの有効桁数は約6~7桁までdoubleの有効桁数は15桁だということを覚えておけばいいようです。
浮動小数点数型について深堀したい方はIEEE 754を調べてみると良いと思います。
参考サイト:https://ja.wikipedia.org/wiki/IEEE_754