.bash_profile 反映されない時に調べること。

ターミナルを再起動すると追加したはずのパスがいない、そんな時は以下の方法を試してみましょう。

※環境はざっくりmac

source ~/.bash_profile を忘れただけの場合

よくある失敗らしい。

パスを追加した後に、以下コマンドを実行する。

$ source ~/.bash_profile

または

$ source ~/.bashrc

を実行すると保存されます。

.bash_profileが存在しない場合は以下を実行して作成してから実行。

$ cd ~
$ touch .bash_profile
$ touch .bashrc

これで保存されます。

$source ~/.bash_profileが反映されない場合

どういうわけか$source ~/.bash_profileが反映されない。そんな時は。

※.bashrcにパスを記述した場合は$source ~/.bashrc

bashかzshか確認する

bash以外にもzshもあるらしくどちらを使っているか確認。

「環境設定」→「ユーザとグループ」を表示。左下のナンキン錠を解除。
ユーザを選択して右クリック(またはcontrolを押しながらクリック)して「詳細オプション」を表示

ログインシェルがbashかzshか確認できます。

逆にいえばログインシェルを選択することでzshやbashに変更することもできます。

※ zshの場合保存方法は source ~/.zshrc になります。

.bash_profileを手動で編集する

テキストエディタを使って、.bash_profile に直接パスを追加する記述をして保存します。

ターミナルで以下を実行。(またはホームディレクトリにある.bash_profileをテキストエディタで開く)

$ cd ~
$ open ~/.bash_profile

テキストエディタに.bash_profileが開かれます。

パスを追加する

.bash_profileに以下を記述する。

export PATH=$PATH:追加したいパス

追加したら保存。

ターミナルを再起動してecho $PATHを実行し確認すると、パスが追加されていることを確認できました。

terminalで「export PATH=$PATH:追加したいパス」を実行して「source ~/.bash_profile」をすればパスが保存されると思っていたのですが、調べながらどうやら自分が盛大に勘違いしていたことに気づき、いい勉強になりました。