Javascriptで文字列の前方一致を確認する方法!超初心者のJavascriptの勉強

2020-04-05

文字列の前方一致をJavascriptのindexOf()とstartswith()にを使ってで調べる方法について書きます。

indexOf()

従来の方法。

let str = 'Hello everyone';
let front = 'Hello';
let boo = false;
if(str.indexOf(front) === 0){
boo = true;
}
console.log(boo);

indexOf()の機能

前方一致でindexOf()を利用しましたが、indexOf()は一致した文字列のindex(インデックス/指数)を返します。

//indecOf
let str2 = 'Hello everyone';
let middle = 'every';
let num = str2.indexOf(middle);
console.log(num); //6

上記の例では6を返しています。
文字は0からカウントしていきHello(5文字) + スペース(1文字) + 一致したポイント で6となります。

startsWith()

SE2015(ES6)から使えるようになった機能です。

//startsWith
let str = '月火水木金土日';
console.log(str.startsWith('月')); // true
console.log(str.startsWith('火')); // false
console.log(str.startsWith('水', 2)); // true

startsWith('水', 2)のように起点を(e.g. 0 → 2 へ)変更することが可能です。