Java silver SE11 一発合格しました!試験を受けた感想

2021-01-01

ずっと勉強していたJava Silverに一発合格しました。長かった。

なんかバッジ(ダウンロード)もらえた。実際にバッジあればいいのに。

Java Silverとは

Oracle社が実施している世界共通のベンダー資格で、Javaの技術レベル認定資格です。日本ではBronze・Silver・Goldの3つがありBronzeは日本のみ実施されています。Goldが最上位の資格です。
Javaの資格の中では人気の資格です。

Silverは中間でSilverを取得すると上級者の指導のもとで実装が可能なレベルと言われています。

Java SE11

私が受験したのはOracle Certified Java Programmer, Silver SE 11(1Z0-815-JPN Java SE 11 Programmer I 試験)です。以前はSE8でしたが2019年6月27日から新しいバージョンに合わせてSE11の試験が開始されました。

参考書を買う前に受ける資格のバージョンを確認することをおすすめします。

試験を受けた感想

それでは試験を受けた感想を書いていきます。

受験の申し込み

Certviewへログインし予約を行うのですがCertviewへは全然ログインできなくてオラクルへ問い合わせることになりました。3営業日はかかるなどと書かれていましたが、対応は早く次の日にはログインできるようにしてくれました。

予約方法参考:https://www.pearsonvue.co.jp/Clients/Oracle.aspx

運が良かったのか、ログインできない間に受験への熱も少し失速して予約するまでに少し期間が空いたのですが、その間に再受験無料キャンペーンが始まっていました。
試験は高額なので再試験無料キャンペーンも定期的にあるようなので急いでいない方は要チェック。

会場へ

渋谷テストセンターだったが会場だったのですが、届いたメールの住所が英語でコピペしてそのまま地図アプリへ貼り付けたら見当違いの場所へ到着してしまいました。はやめに出発していたので30分前に間違った場所へ着きましたが戻るのに15分ほどかかり開始15分前のギリギリにテストセンターへ到着することとなりました。時間に余裕があって助かった。

15分前に行かないとキャンセルになる可能性があるようです。早くつきすぎても30分より前は受付を済ませても試験会場へは入れないそうです。

受付

受付では同意書を記入し、顔写真付きの身分証ともうひとつの身分証で2点掲示しました。私の場合は免許証と保険証でした。

写真撮影もおこなわれます。遅刻しそうでダッシュしてきた身にはかなりいやなコンディションでしたが仕方がない。
ポケットの中身もすべてロッカーへいれて、最後にマスクの裏側に何も書かれていないか確認されました。
会場へは写真付き身分証と、受付で渡されたホワイトボードとペンのみ持って行けました。

会場へ

受付が済むとすぐに会場へ案内されます。
パソコンをポチッとすると10分ほどパソコン画面にうつる操作方法を読む時間が与えられます。見終えたらスキップできるのでスキップすると試験が開始されます。

はじめてのパソコンでの試験だったことと今まで勉強していた教材との書かれ方の違いに最初は慣れるまでに時間がかかってしまい1問目で7分もつかってしまいました。マウスも感度高めで違和感がありました。

パソコンだとクラスがいっぱいあるとスクロールしないと見れなかったりでこのコンストラクタなくない?コンパイルエラーか?と思いきやスクロールしたらあったりで慣れなくて時間ロスがかなりあった気がします。

そして渡されたホワイトボードとペンの相性が悪いのか全然書けない。ペンが書けるようになるまで何回かクルクルしないといけない。地味にタイムロスで後半焦りました。

会場は出入り激し目で割と気がちりましたが、なんとかリラックスして挑めました。きになる人のためにヘッドフォンが用意されていましたが、それはそれで気になりそうなので使いませんでした。

試験は正直かなり難しく感じました。問題集からの問題少なかった気がします。自信を持って解けたのはしょういき3割ほどでした。

わからないのは適当にチェックしてマーク(あとで確認できる)しておきました。(最終的にはマークしたものは疲れてしまって解かなかった。)

180分だったか全部解くまでに160分くらい使ってしまった。

最後に2つ選択などの問題がきちんとその数選択されているかの確認を行った。上の方に2つ選択してなどと書いてあったが気づかなかった

チェックボックスになっている問題が複数選択形式だったよう。

試験終了

試験が終わったら、心の準備をする暇もなくすぐに合否の画面が出てきました。
合格ライン63パーセントで私の正解率は67パーセントでした!なんとか受かりました!

受かってて嬉しくて会場内で小さくガッツポーズをしてしまいました。

終わったら受付するまではロッカー開けてはいけないようです。

試験後10分ほどでにオラクルから合否はこちらから確認してねとメールがきましたが、実際に表示されるまでには48時間ほどかかるらしい。

実際は次の日の夕方には確認できましたが、合格証など全て揃うのには48時間ほど要したと思います。

見るまでは本当に受かったのか、あれは幻だったのかとハラハラしました。

おわり

もう勉強したくないと思っていたので受かりたい気持ちは人一倍あったと思います、本当に受験中は落ちるだろうなと思っていました。再受験キャンペーンあるしとは思っていましたが、やっとJavaの勉強から解放されて幸せです。

Java

Posted by Nakamoto