Google colabでさっきまで動いていたコードでエラーを吐くようになった時の解決策

Google colabでコードを書いているとほんの1時間前まで動いていたコードでエラーを吐かれるようになったりします。

バージョンを遡って復旧しても動くことがなく、エラーをググって解決策を探しても納得のいく答えが見つからず、何がこの1時間で変わったんだと頭を悩まされます。

謎エラー解決策

過去にも同じことがあり、その時は1日明けて作業すると改善されたことがありました。

ということは何かキャッシュ的なものを読み込んでいてそいつが悪さしているのかなと仮定を立てました。そこでメニューを物色。

それっぽいものがあったので実行してみました。

メニューより「ランタイム」→ 「ランタイムを再起動」

「ランタイム」→ 「ランタイムを再起動」

選ぶと以下のメッセージがでるので実行。

ランタイムを再起動してもよろしいですか?すべてのローカル変数を含め、ランタイムの状態は保存されません。

その後再びインストール含めコードを実行し直すと、まぁ不思議、無事にエラーがでなくなりました。

また数日前から発生していた以前は動いていたコードのエラーも治りました。

おわり

なんか読み込まれている変数の中身おかしくないか?と思ったこともあったのでおそらくこの「ランタイムの再起動」はかなり便利そうです。

知っていれば簡単なことなのに、知らなかったのでかなり無駄な時間を費やしていました。これからは効率的に作業できそうです。